ウッドデッキを塗装する前に後悔しないための塗料選び

木材を天敵から守る『木材保護塗料』

  • 屋外にあるウッドデッキは常に紫外線や風雨にさらされています。人が歩く場所は摩耗で痛んだり、 紫外線によりグレー変色したりと、何もせず放っておけば劣化は進むばかりです。
  • 「紫外線」や「水」といった木材の天敵から保護してくれる木材保護塗料は必要不可欠。 メンテナンスが不要といわれるハードウッドでも経年変化による退色はおこるので、 より長持ちさせたいなら塗装は効果的です。

ウッドデッキに最適な塗料は『含浸タイプ』

ウッドデッキの塗料としては、大きく分けて「塗膜形成タイプ」と「含浸(浸透)タイプ」があります。 「塗膜形成タイプ」は表面に塗料の膜を作るもので、ペンキやニスなどが該当します。 塗ったばかりの状態では塗膜が水を弾いて一見すると良いのですが、木材の呼吸をふさいでしまいます。
また、塗膜に出来たヒビなどから雨が入り込んだ場合、塗膜があるために乾きにくく、結果的に木材を腐らせてしまう恐れも。
「含浸タイプ」は木材に浸透して保護します。表面に膜を作らないので木材の呼吸を妨げません。
防虫・防腐・防カビ、UVカット等の有効成分が木材内部に浸透し、高い保護力を発揮します。
ウッドデッキに塗装する場合は「含浸タイプ」が多く使われています。

含浸タイプ
  • 木材内部に浸透する
  • 木材の呼吸を妨げない
  • 木目を生かし、半透明な仕上り
    ※重ね塗りすると濃くなっていきます
塗膜形成タイプ
(短期なら○、長期なら×)
  • 木材表面に膜を作る
  • 膜が木材の呼吸を妨げてしまう
  • 塗膜は次第に劣化し、剥がれてくる
↓こんな状態になりたくないですよね?↓
塗膜形成タイプの塗料で塗装されていますが、紫外線による劣化や木材の伸縮などにより塗膜がペリペリと剥がれています。 こうなってしまうと見た目も悪く、木材自体を保護する効果もなくなってしまいます。

再塗装は前回の塗料がカギ

再塗装する場合は、前回塗られた塗料が「含浸タイプ」なのか「塗膜形成タイプ」なのかがとても重要です。 それにより、塗装前の下地処理が変わります。

前回の塗料:塗膜形成タイプの場合
サンダーややすりなどを使って前回の塗膜を剥がす必要があります。 塗膜を剥がさずに上から含浸タイプの塗料を塗っても、塗料の表面に重ね塗りしているだけで木材内部には浸透しません。 また、下の古い塗膜が劣化して剥がれてきてしまいます。
前回の塗料:含浸タイプの場合
前回が含浸タイプなら、上塗りが可能です。
再塗装の前には木材表面を洗浄し、ゴミや汚れがない状態にします。
全体的にやすりをかけて表面を整えてから再塗装をすると仕上りがさらに綺麗になります。

塗装道具について

きれいな仕上りを手に入れるため、また手間をかけずに楽しく作業をおこなうためにも、 塗装道具選びは大切です。塗装面積やデッキの形状などにあわせて適した道具を選びましょう。

コテバケ
平らで広い面の塗装に適しています。ハケ目もなく、きれいな仕上りになります。
ローラー
コロコロと転がすだけで、広い面をスピーディに塗装できます。
ハケ
隅や角などの細かい部分の塗装に必要です。

そのほか、塗料が付いて欲しくない部分の境目に貼って使うマスキングテープや耐油性の手袋、 塗料が周囲を汚さないように保護するためのシートや新聞紙などもあると便利です。

ウッドデッキを長持ちさせる方法

  • 長持ちさせるには、小まめなメンテナンスが大切です。 雨水がたまったり、紫外線が照りつけたり、日々過酷な状況に 置かれているウッドデッキですから、時々チェックするようにしましょう。
    例えば鉢植えなどを置いている場合は、時々置き場所を移動して床面を掃除・乾燥させると、 カビやコケの発生や汚れの定着を防ぐことができます。汚れがひどい場合には、 デッキブラシで水洗いするとよいでしょう。
  • そして、最も重要なメンテナンスが再塗装。 最初にしっかり塗装したからといって安心せず、定期的に塗り替えを行いましょう。 きちんと手入れをすれば、ウッドデッキの寿命を延ばすことができます。